家庭出産(読み)かていしゅっさん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

家庭出産
かていしゅっさん

医師や助産師往診を受けて,自宅で分娩すること。院内感染新生児の取り違えといった事故が起こらないこと,主婦が家を留守にしないですむことなどは利点であるが,分娩などの際に異常が生じた場合にすぐに対処できないため,病院診療所などの施設分娩より危険度が高いともいわれている。日本での家庭出産の割合は,1950年には 95%であったが,その後病院に集中した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android