家憲(読み)カケン

精選版 日本国語大辞典の解説

か‐けん【家憲】

〘名〙 その家で守るべき生活指導方針。家族、子孫が守るべきおきて。家訓。
※福翁百話(1897)〈福沢諭吉〉六六「私製の家(カケン)を以て主人を束縛せんとする」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の家憲の言及

【財閥】より

… 第2の点は,その家産を基礎としたファミリー・コンツェルンとしての性格から,資本の封鎖性と経営における保守主義が強かったことである。各財閥には財閥同族とその資産管理の規範を定めた〈家憲〉があり,持株会社は合名・合資会社で出資社員は家憲の定める財閥同族に限定されていた。もっとも実際の経営は,とくに三井・住友では番頭の手にゆだねられ,その点で〈所有と経営の分離〉も実現していたが,傘下直系企業の社長には財閥同族が就任していた。…

※「家憲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android