コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家憲 カケン

大辞林 第三版の解説

かけん【家憲】

家のおきて。家訓。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の家憲の言及

【財閥】より

… 第2の点は,その家産を基礎としたファミリー・コンツェルンとしての性格から,資本の封鎖性と経営における保守主義が強かったことである。各財閥には財閥同族とその資産管理の規範を定めた〈家憲〉があり,持株会社は合名・合資会社で出資社員は家憲の定める財閥同族に限定されていた。もっとも実際の経営は,とくに三井・住友では番頭の手にゆだねられ,その点で〈所有と経営の分離〉も実現していたが,傘下直系企業の社長には財閥同族が就任していた。…

※「家憲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

家憲の関連キーワードプラグマティッシェ・ザンクツィオンアルブレヒト4世(賢公)アルブレヒト3世アヒレスアントニオ サラザール日本のおもな郷土菓子マリア・テレジア家族世襲財産シエラレオネ三井住友建設伊庭是水軒社是・社訓三井家家憲町人考見録上杉憲政国事詔書菊池武重商業教育地方民会心形刀流土居通夫

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

家憲の関連情報