コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家畜単位 かちくたんい

3件 の用語解説(家畜単位の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

家畜単位【かちくたんい】

大きさの異なる種々の家畜数を総合的に表示するための単位。日本ではウシ,ウマは1頭1単位とし,ブタは5頭,ヒツジ,ヤギは10頭,ウサギは50頭,ニワトリアヒルなどの家禽(かきん)は100羽でそれぞれ1単位とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かちくたんい【家畜単位】

家畜数を総合的に表示する場合に用いられる単位で,大家畜単位ともいう。家畜,家禽の頭羽数を統計的に比較する場合,各家畜種ごとの頭羽数を並べたのでは,総合的な判断をくだしにくい。そのためそれぞれの家畜の種別に経済的価値や飼料要求量などを勘案して一定の係数を定め,これを乗じたものを1家畜単位とする。係数はいろいろあるが,日本で普通用いられるのは,ウシ,ウマの大家畜では1頭で1単位,ブタは5頭で1単位,メンヨウ,ヤギは10頭で1単位,ニワトリは100羽で1単位とするものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

家畜単位
かちくたんい

畜産業の発達程度を比較するとき用いられる規準の一つで、各種の家畜の頭羽数を同一単位に換算して総合的に表示する一つの方法として用いられる単位である。地域の総合的な家畜数をほかの地域のそれと比較するとき、種類別で比較する繁雑さを避けて、便宜上一括して比較するのに用いられる。家畜単位を定める基礎は各国により異なるが、日本ではウシやウマの大家畜1頭、ブタ5頭、メンヨウとヤギ10頭、ウサギ50頭、家禽(かきん)100羽をそれぞれ1単位とする。
 国連食糧農業機関(FAO)の「家畜及び食肉報告書1946」では、飼料の消費量を基礎に家畜単位animal unitを算出し、ウシを1として換算して、ウマ0.8、ブタ3.2、メンヨウ10.0を1単位としている。[西田恂子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の家畜単位の言及

【畜産】より


[世界の畜産]
 世界でどういう家畜がどれくらい飼われているかをみると(1981年現在,FAO資料による),牛(水牛を含む)を中心とする大家畜が14億6723万頭,豚・羊で構成される中家畜が23億7878万頭,鶏を主体とする家禽が67億6006万羽となっている。大家畜,中家畜,家禽をいっしょにして飼畜規模の大小を論議するときの尺度として家畜単位(大家畜1頭=1単位,豚1頭=0.2単位,豚以外の中家畜=0.1単位,家禽100羽=1単位)という概念が国際的に設定されている。それで換算すると,いまいった飼畜頭羽数は大家畜14億6723万家畜単位,中家畜3億1581万家畜単位,家禽6760万家畜単位,計18億5064万家畜単位となる。…

※「家畜単位」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone