容貌魁偉(読み)ようぼうかいい

四字熟語を知る辞典「容貌魁偉」の解説

容貌魁偉

顔だちや体つきが人並みはずれて大きく、りっぱである様子。

[活用] ―な。

[使用例] 容貌魁偉な大男が、湯帷子ゆかたに兵児帯で、ぬっとはいって来るのを[森鷗外*余興|1915]

[使用例] 貌魁偉で、おのずから人を威服せしめるものがある[中山義秀原田甲斐|1952]

[解説] 「魁偉」は「魁」が大きい様子、「偉」が大きくてりっぱな様子。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「容貌魁偉」の解説

ようぼう‐かいい ヨウバウクヮイヰ【容貌魁偉】

〘形動〙 顔だちや体つきが人並みはずれて大きく、りっぱであるさま。
※随筆・孔雀楼筆記(1768)四「年七十余、容(ヨウ)貌魁偉(クヮいイ)、甚威厳あり」 〔後漢書‐郭太伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android