コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中山義秀 なかやまぎしゅう

8件 の用語解説(中山義秀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中山義秀
なかやまぎしゅう

[生]1900.10.5. 福島,大屋
[没]1969.8.19. 東京
小説家。 1923年早稲田大学英文科卒業。在学中横光利一らと『塔』を創刊,身辺の不幸が続く長い無名時代を経て,『電光』 (1936) が小林秀雄に認められ,『厚物咲』 (38) で芥川賞受賞。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なかやま‐ぎしゅう〔‐ギシウ〕【中山義秀】

[1900~1969]小説家。福島の生まれ。本名、議秀。「厚物咲(あつものざき)」で芥川賞受賞。晩年は歴史小説を多く手がけた。他に「碑(いしぶみ)」「テニヤンの末日」「咲庵(しょうあん)」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

中山義秀【なかやまぎしゅう】

作家。本名議秀。福島県生れ。早大英文科卒。《文学界》に発表した《厚物咲》で1938年芥川賞,人生派作家として活躍。戦前には他に《碑》などの作品がある。戦時中は海軍報道班員として南方に派遣され,その経験をもとに《テニヤンの末日》(1948年)を書いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中山義秀 なかやま-よしひで

なかやま-ぎしゅう

中山義秀 なかやま-ぎしゅう

1900-1969 昭和時代の小説家。
明治33年10月5日生まれ。横光(よこみつ)利一らと同人雑誌「塔」を刊行。昭和13年「厚物咲(あつものざき)」で芥川賞。戦後は戦記文学「テニヤンの末日」,歴史小説「咲庵(しょうあん)」など幅ひろい仕事をした。41年芸術院賞芸術院会員。昭和44年8月19日死去。68歳。福島県出身。早大卒。本名は議秀。作品はほかに「碑(いしぶみ)」「信夫(しのぶ)の鷹(たか)」「新剣豪伝」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

なかやまぎしゅう【中山義秀】

1900‐69(明治33‐昭和44)
小説家。福島県出身。本名議秀。県立安積中学から早大予科に入り,1923年文学部英文科卒業。英語教師として33年まで三重・千葉両県の中学に勤めた。早大在学中生涯の〈師友〉横光利一と知り,横光,小島勗(つとむ)らと同人雑誌《塔》を発刊,大正末期には《早稲田文学》にも作品を載せ,また同期の帆足図南次(ほあしとなじ)と《農民リーフレット》を創刊して当時の農民文学運動の一翼を担った。昭和期に入っても二,三の同人雑誌に拠り,不運な境涯に見舞われて酒と無頼に浸りながらも文士的反骨を貫いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なかやまぎしゅう【中山義秀】

1900~1969) 小説家。福島県生まれ。本名、議秀。早大卒。歴史小説や戦記物を手がけ、人生凝視の姿勢を貫く。著「厚物咲あつものざき」「碑」「テニヤンの末日」「咲庵」「芭蕉庵桃青」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中山義秀
なかやまぎしゅう
(1900―1969)

小説家。明治33年10月5日、福島県大屋村(現白河(しらかわ)市大信(たいしん))に生まれる。本名議秀。早稲田(わせだ)大学英文科時代、横光利一(りいち)らと同人雑誌『塔』を創刊。卒業後教師生活を送る。1933年(昭和8)校長の強要により退職。病妻を抱え失意の生活を送る。35年妻、父が死去。『厚物咲(あつものざき)』(1938)で第7回芥川(あくたがわ)賞受賞。『碑(いしぶみ)』(1939)で作家的地位を固めた。これらの作品を義秀は「私の一種の遺言状」のつもりで執筆したと回想している。『碑』は剣術に秀(すぐ)れた斑石(まだらいし)三兄弟(次兄の茂次郎は義秀の祖父)に託して、維新の激動期に生きた没落士族の数奇な運命をつづっている。第二次世界大戦後、歴史小説に新境地を拓(ひら)いた。『新剣豪伝』(1955)を含む『中山義秀自選歴史小説集』全8巻(1957)として発刊。明智光秀(あけちみつひで)を描いた歴史小説『咲庵(しょうあん)』(1964)で第17回野間(のま)文芸賞受賞。一方、横光利一の伝記であるが、そのかたわらで暗澹(あんたん)たる苦患の半生をたどった義秀の自伝にもなっている『台上の月』(1963)や、随筆『二つの生涯』(1960)、『私の文壇風月』(1966)など評価が高い。1966年(昭和41)芸術院賞受賞。67年芸術院会員。昭和44年8月死去。死の前日洗礼を受ける。ほかに『テニヤンの末日』(初出1948、小説集1949)、未完の作『芭蕉庵桃青(ばしょうあんとうせい)』(1965~69、没後1970刊)がある。71年出生地の大信村に記念碑が、千葉県成田山公園に文学碑が建った。[山崎一穎]
『『中山義秀全集』全9巻(1971~72・新潮社) ▽青柳優「中山義秀論」(『早稲田文学』1941・四所収) ▽『中山義秀』(『平野謙作家論集』所収・1971・新潮社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中山義秀の関連キーワード福島県立美術館安積歴史博物館福島県郡山市安積福島県郡山市安積町福島県郡山市安積町荒井福島県郡山市安積町牛庭福島県郡山市安積町笹川福島県郡山市安積町成田福島県郡山市安積町日出山福島県郡山市安積町吉田

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中山義秀の関連情報