コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富土卵

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富土卵 とみ-とらん

1759-1819 江戸時代中期-後期の俳人,戯作(げさく)者。
宝暦9年5月26日生まれ。調子武音(ちょうし-ぶおん)の次男。京都の人。明和8年富家を再興し,左近将監(しょうげん)にすすむ。与謝蕪村(よさ-ぶそん),高桑闌更(らんこう),西村定雅らと親交があり,俳諧(はいかい)をよくし,洒落(しゃれ)本を執筆した。文政2年9月17日死去。61歳。名は敦光。通称は数吉。別号に土籃,狼狽窟,狼狽山人。著作に「粋庖丁(すいぼうちょう)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

富土卵の関連キーワード土卵戯作

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android