富士スピードウェイ(読み)ふじスピードウェイ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富士スピードウェイ
ふじスピードウェイ

日本国内で四輪車オートバイの国際レースが開催できるサーキットの一つ。静岡県駿東郡小山町に位置する。著名なアメリカ人サーキット設計者,マネー・ペニーの設計に基づいて,1966年1月にオープンした。当初は 30°バンクがある 6kmコースと,4.3kmのショートコースの二つを備えていた。 1966年5月の日本グランプリ開催をはじめ,1970年代に一世を風靡した「富士グランチャンピオンシリーズ」などを行ない,日本を代表するサーキットとしての地位を築いた。 1976年に東洋で初めてF1を開催したのも鈴鹿サーキットではなく富士スピードウェイだった。 2000年にトヨタ自動車が資本参加。これを機に (1) モータースポーツの安全,(2) 安全運転の普及・推進,(3) 若者への情報発信基地のテーマを掲げ,全面リニューアル。新コースは全長約 4.5km。約 1.5kmの長い直線に代表される高速型コースの特徴を踏襲しながら,テクニカルなコーナーが追加され,2005年4月オープン。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

富士スピードウェイ

静岡県小山町富士山のすそ野に位置する66年設立のサーキット場で、コースは全長4・563キロメートル。F1に参戦したトヨタ自動車が00年に買収した。約200億円をかけて大規模改修し、ホンダ系の鈴鹿サーキット(三重県)で開かれてきたF1日本GPを奪還し、07年9月に30年ぶりの開催にこぎつけた。

(2008-02-29 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

富士スピードウェイ

静岡県駿東郡小山町にあるサーキット場。1966年開設。座席数は約2万2000席。1976年に「F1世界選手権イン・ジャパン」、1977年、2007、08年に「F1日本グランプリ」が開催された。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

富士スピードウェイの関連情報