コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士松加賀太夫(7世) ふじまつかがたゆう[ななせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富士松加賀太夫(7世)
ふじまつかがたゆう[ななせい]

[生]安政3(1856)
[没]1930
新内節の太夫。本名小林文太郎。5世加賀太夫の弟子。津賀太夫,富士太夫を経て,1902年加賀太夫を継ぎ,富士松派7世家元になる。その美声は明治末期から大正にかけて一世を風靡し,常磐津林中,5世清元延寿太夫とともに名人と称せられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

富士松加賀太夫(7世)の関連キーワード斎藤寅次郎清水宏五所平之助マキノ雅広小津安二郎エバハートキューカー島津保次郎スタンバーグ成瀬巳喜男

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android