コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士浅間物 ふじあさまもの

世界大百科事典 第2版の解説

ふじあさまもの【富士浅間物】

人形浄瑠璃・歌舞伎脚本の一系統。題材は能の《富士太鼓》。管絃の役の争いから楽人浅間に殺された富士の妻が,敵は太鼓であると,太鼓を打って恨みを慰めるのが主題。浄瑠璃では1733年(享保18)7月豊竹座の並木宗輔作《莠伶人吾妻雛形(ふたばれいじんあづまのひながた)》が有名で,これは義太夫正本《弱法師(よろぼし)》の筋と合わせた作品。49年(寛延2)4月竹本座の竹田出雲作《粟島譜嫁入雛形(あわしまけいずよめいりひながた)》はその改訂版

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

富士浅間物の関連キーワード人形浄瑠璃黒本

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android