コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士浅間物 ふじあさまもの

1件 の用語解説(富士浅間物の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふじあさまもの【富士浅間物】

人形浄瑠璃歌舞伎脚本の一系統。題材は能の《富士太鼓》。管絃の役の争いから楽人浅間に殺された富士の妻が,敵は太鼓であると,太鼓を打って恨みを慰めるのが主題。浄瑠璃では1733年(享保18)7月豊竹座の並木宗輔作《莠伶人吾妻雛形(ふたばれいじんあづまのひながた)》が有名で,これは義太夫正本《弱法師(よろぼし)》の筋と合わせた作品。49年(寛延2)4月竹本座の竹田出雲作《粟島譜嫁入雛形(あわしまけいずよめいりひながた)》はその改訂版。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

富士浅間物の関連キーワード三勝半七心中物隅田川物曾我物人形浄瑠璃書替狂言歌舞伎浄瑠璃浄瑠璃狂言淡路人形浄瑠璃傾城物

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone