コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士太鼓 フジダイコ

デジタル大辞泉の解説

ふじだいこ【富士太鼓】

謡曲。四番目物。宮中の管弦の催しの際に楽人浅間と役を争って殺された富士の妻が、悲嘆に暮れて夫の形見の装束を着け、太鼓にかたきの姿を見て、これを打って狂乱する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふじたいこ【富士太鼓】

日本の芸能,音楽の題名。(1)能。四番目物。流派により〈ふじだいこ〉とも読む。作者不明。シテは富士の妻。摂津の住吉社の楽人(がくにん)富士の妻(シテ)は,夫の安否を気づかって娘(子方)とともに都に上り,内裏に赴いて官人(ワキ)から夫の死を知らされる。富士は,内裏で催された管絃の会に太鼓の役を望んで出向いたのだが,すでに勅命で召されていた天王寺の楽人の浅間が,富士の行動を憎んで討ち殺したのだった。官人から夫の形見の装束を手渡された妻は,今さらのように夫の高望みを恨み嘆く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ふじたいこ【富士太鼓】

能の一。四番目物。内裏で催された管弦をめぐり、天王寺の伶人れいじん浅間に殺された住吉の伶人富士の妻が、惑乱して伶人の姿となり、夫の形見の太鼓を打つ。同工異曲に「梅枝うめがえ」がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富士太鼓
ふじたいこ

能の曲目。四番目物。五流現行曲。作者不明。『後撰(ごせん)和歌集』の「信濃(しなの)なる浅間の山も燃ゆなれば富士の煙のかひやなからむ」の歌をヒントに、雅楽の音楽家の役争いの殺人事件としたものか。宮中の管絃(かんげん)の催しに召された太鼓の名人、天王寺の浅間(あさま)は、役を望んでかってに参加した太鼓の名手、住吉社の富士を憎んで殺す。不吉な夢におびえる富士の妻(シテ)は、娘(子方)を伴って上京し、官吏(ワキ)から夫の横死を聞き、嘆き悲しむ。夫の形見の衣装を身に着け、狂乱状態となって舞う妻は、太鼓こそ夫の敵と、娘ともどもそれを打って恨みを晴らし、故郷へ帰っていく。現在能である『富士太鼓』のテーマを、夢幻能とした作者不明の『梅枝(うめがえ)』があり、これは夫への沈んだ慕情が描かれている。[増田正造]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の富士太鼓の言及

【富士浅間物】より

…人形浄瑠璃・歌舞伎脚本の一系統。題材は能の《富士太鼓》。管絃の役の争いから楽人浅間に殺された富士の妻が,敵は太鼓であると,太鼓を打って恨みを慰めるのが主題。…

※「富士太鼓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

富士太鼓の関連キーワード吉住 小三郎(4代目)吉住 慈恭富士浅間物小野 樟蔭同工異曲増田正造女物狂い藤尾勾当梅枝謡物伶人謡曲

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

富士太鼓の関連情報