コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村重助 なかむらじゅうすけ

世界大百科事典 第2版の解説

なかむらじゅうすけ【中村重助】

歌舞伎作者。4世まである。2世が有名。(1)初世(1698‐1755∥元禄11‐宝暦5) 4世中村勘三郎の三男。表方(おもてかた)で作者を兼ねた。(2)2世(1749‐1803∥寛延2‐享和3) 一説では1745年(延享2)生れ。俳名故一,鶴子。2世中村七三郎の子。幼名徳之助(一説に勝太郎)。前名5世中村伝次郎。64年(明和1)中村重助の名で中村座に初出勤。68年森田座に出勤。以後独立した作者として活躍。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の中村重助の言及

【三人生酔】より

…1838年(天保9)正月,2世市川九蔵(のちの6世団蔵),12世市村羽左衛門ほかにより江戸市村座で初演。中村重助作詞,5世岸沢式佐作曲,4世西川扇蔵振付。3人の仕丁が工藤の館の奥庭で酒を酌み交わし,笑い上戸,怒り上戸,泣き上戸の踊りとなる。…

【富士浅間物】より

…83年(天明3)10月の松貫四(まつかんし)作《内(うち)百番富士太鼓》は珍しく江戸の肥前座初演である。歌舞伎では1758年(宝暦8)3月江戸市村座の壕越二三治(ほりこしにそうじ)作《恋染隅田川(こいぞめすみだがわ)》や,73年(安永2)7月中村座の中村重助作《傾城片岡山(けいせいかたおかやま)》などが古く,上方では1808年(文化5)8月大坂角の芝居の奈河七五三助(ながわしめすけ)作《復讐高根鼓(かたきうちたかねのたいこ)》が決定版的な作品として知られ,その後もいくつかの作品が登場したが,現在はほとんど上演されない。【井草 利夫】。…

※「中村重助」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

中村重助の関連キーワード市村羽左衛門(9代)志賀山せい(4代)中村伝次郎(5代)森田勘弥(6代)中村重助(2代)増山金八(初代)近頃河原達引歌舞伎堂艶鏡東洲斎写楽芝居乗合話河竹黙阿弥靭猿・靱猿鞍馬獅子森田勘弥宝田寿来大津絵物釣狐物斉馬雪靫猿靭猿

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android