富士田千蔵(初代)(読み)ふじた せんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富士田千蔵(初代) ふじた-せんぞう

1757-1824* 江戸時代中期-後期の長唄唄方。
宝暦7年生まれ。初代富士田吉治の子。富士田藤次郎と称したが,寛政6年千蔵と改名。10年江戸市村座の立唄(たてうた)となる。父ににて美声で「小原女(おはらめ)」「越後(えちご)獅子」などを初演。文政6年12月9日死去。67歳。江戸出身。俳名は楓郷。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android