コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラッシーの戦 プラッシーのたたかい

百科事典マイペディアの解説

プラッシーの戦【プラッシーのたたかい】

1757年イギリス東インド会社の軍隊と,フランス・ベンガル太守連合軍とが,カルカッタ北方のプラッシーPlasseyで行った戦争。インド支配権をめぐる英国とフランスの緊張の中で,1756年フランスの援助を受けたベンガル土侯シラージュ・ウッダウラはカルカッタを占領したが,1757年クライブの率いる東インド会社軍に奪還された。
→関連項目ベンガル南アジア

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

プラッシーのたたかい【プラッシーの戦】

1757年に行われたインドのベンガル太守(ナワーブ)とイギリス東インド会社軍との戦闘。東インド会社の得た会社取扱商品の自由通関権と会社職員などによるその乱用は,ベンガル太守の財政収入に打撃を与え,太守シラージュ・ウッダウラと会社との対立が強まっていった。会社商館の要塞化問題を機に,両者の軍事的衝突へと事態は発展した。R.クライブの率いる会社軍は,反シラージュ派の将ミール・ジャーファルとひそかに結んで,ベンガル地方のプラッシーPlasseyでフランスと結んだ太守の軍勢を敗退させた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のプラッシーの戦の言及

【インド】より

…インドに到来したヨーロッパ人の目的は,当初はインドの産物の入手という純商業的なものであったが,やがて軍事力を背景にインドの土地と住民に政治的な力を及ぼすようになった。1757年のプラッシーの戦はこうした侵略的なインド経営を象徴するできごとであり,この戦いでベンガル太守軍を破ったイギリス東インド会社は,インド植民地化の足場を固めた。 18世紀のインドはムガル帝国の衰退期にあたり,各地に地方政権が乱立していた。…

【東インド会社】より

…〈地理上の発見〉以降ヨーロッパ各国がアジアとの直接貿易に進出するなかで,イギリス東インド会社は,喜望峰以東のアジア地域の貿易を独占的に行う特権会社として,1600年12月31日に設立され,57年のクロムウェルによる改組を経て,近代的株式会社として確立していった。イギリス東インド会社は,オランダの力の強かったモルッカ(香料)諸島からは退却し,ポルトガルやオランダの勢力を抑えてインドに拠点を拡大し,のちには,プラッシーの戦などを通じてフランスのインドへの進出を挫折させた。会社は,取引の拠点としてインド各地に商館を設立し,その要塞化を図った。…

※「プラッシーの戦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

プラッシーの戦の関連キーワードミール・ジャーファルフランス東インド会社ポーイス(伯・侯家)ミール・カーシムインドの大反乱ベランポールイギリス帝国ノース規制法インド演劇インド帝国アワド王国インド総督インド史シク戦争コルカタ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android