コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富島健夫 とみしま たけお

1件 の用語解説(富島健夫の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富島健夫 とみしま-たけお

1931-1998 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和6年10月25日朝鮮京城生まれ。早大在学中丹羽文雄に師事し,「喪家の狗(いぬ)」で芥川賞候補となる。河出書房勤務をへて昭和32年から作家生活にはいり,青春小説,ジュニア小説の分野をひらく。のち官能小説に転じ,流行作家となった。平成10年2月5日死去。66歳。作品に「雪の記憶」「おさな妻」「初夜の海」「女人追憶」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

富島健夫の関連キーワード青木治男荒木浩池田温稲上正栗原蘆水坂根進桜井英樹鈴木通夫須田寛山田信夫(2)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone