コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富島 としま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富島
としま

兵庫県淡路島,淡路市西部の集落。旧町名。 1955年5村との合体により北淡町となり,2005年5町が合体して淡路市となった。近くに鹿の瀬の好漁場を控え,播磨灘に臨む西浦を代表する漁港で,島の四大漁業基地の一つ。名物のタイは水質の汚濁で姿を消し,現在はタコ,イカナゴが主。付近の山腹では鳴門みかん,ビワを栽培。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の富島の言及

【北淡[町]】より

…北部は特に傾斜が急で棚田が多い。中心集落の富島は淡路島西岸随一の漁港を有し,明石とは定期船で結ばれる。米作,畜産のほか,傾斜地を利用したビワ栽培が盛んで,観光ビワ園もある。…

※「富島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

富島の関連キーワード竹富島タキドングチ・石西礁湖北礁海域公園地区竹富島シモビシ海域公園地区沖縄県八重山郡竹富町竹富ティーンズノベル無法松べんとう沖縄県八重山郡酒井 猪太郎山内首藤通忠西表国立公園10月25日安里屋ユンタ竹富グンボウ丹阿弥谷津子松島 市五郎天満屋治兵衛無法松の一生岩下 俊作日向(市)富島松五郎北淡[町]

富島の関連情報