コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富島(読み)としま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富島
としま

兵庫県淡路島,淡路市西部の集落。旧町名。 1955年5村との合体により北淡町となり,2005年5町が合体して淡路市となった。近くに鹿の瀬の好漁場を控え,播磨灘に臨む西浦を代表する漁港で,島の四大漁業基地の一つ。名物のタイは水質の汚濁で姿を消し,現在はタコ,イカナゴが主。付近の山腹では鳴門みかん,ビワを栽培。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の富島の言及

【北淡[町]】より

…北部は特に傾斜が急で棚田が多い。中心集落の富島は淡路島西岸随一の漁港を有し,明石とは定期船で結ばれる。米作,畜産のほか,傾斜地を利用したビワ栽培が盛んで,観光ビワ園もある。…

※「富島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

富島の関連情報