汚濁(読み)おだく

精選版 日本国語大辞典の解説

お‐だく ヲ‥【汚濁】

〘名〙 よごれ濁ること。けがらわしく不純なこと。また、そういうもの。おじょく。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一一「故に身を汚濁より抜き出さんと思はば」
[補注]世のけがれの意の場合は多く「おじょく」が使われるが、読みのはっきり示されていない資料は便宜上、この項におさめた。

お‐じょく ヲヂョク【汚濁】

※うもれ木(1892)〈樋口一葉〉一〇「ねりし経営惨澹の苦は、汚濁(ヲジョク)を我が身に染(し)みこませしか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android