コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

繁太夫節 しげたゆうぶし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

繁太夫節
しげたゆうぶし

宮古路豊後掾の弟子宮古路繁太夫 (寛保の末頃豊美と改姓) が大坂で創始した浄瑠璃。豊後掾の没した元文 (1736~41) 頃に豊後節から独立。歌舞伎にも出演したが,ほとんど座敷演奏を主とした。繁太夫の没後は地歌鶴山勾当が伝え,それが宝暦 (51~64) 頃には江戸に下って吉原で鶴山節として広められたが,曲調が哀愁に過ぎるとして禁止された。その後鶴山の新作をも含めて地歌演奏家の間に繁太夫物として伝承され,明和 (64~72) の富岡検校以下新作も増補されたが,明治期にはすたれ,大正期に富崎春昇が演奏して以来再び流行。代表曲『梅の由兵衛道行』『濡扇』『時雨の松』『妹背の秋草』『三勝』『小春髪梳』『橋尽し』など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しげたゆうぶし【繁太夫節】

浄瑠璃の一分派で,〈繁太夫物〉として地歌に残る。宮古路(みやこじ)豊後掾の大坂での門弟宮古路繁太夫が,元文(1736‐41)ごろ語り出した。彼は延享(1744‐48)ごろ豊美(とよみ)繁太夫を名乗り,宮古路から分派独立した。歌舞伎にも出演したが,その本領は座敷演奏にあったらしく,大坂の島の内を中心に花柳界で流行した。繁太夫には後継者がなく一代で絶えたが,お座敷芸として上方の盲人音楽家が伝承し,繁太夫節は地歌に吸収された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しげたゆうぶし【繁太夫節】

上方浄瑠璃の一。元文・寛保(1736~1744)頃、宮古路豊後掾の門人豊美とよみ繁太夫の始めたもの。大坂島の内の遊里に流行し、現在は地歌の繁太夫物として伝えられている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

繁太夫節
しげたゆうぶし

上方浄瑠璃(かみがたじょうるり)の一流派。宮古路豊後掾(みやこじぶんごのじょう)の門弟宮古路繁太夫の名は1733年(享保18)刊の『筆顔見世鸚鵡硯(ふでのかおみせおうむのすずり)』という評判記にみえ、師豊後掾の没年(1740)の前後には名声をうたわれていたことから、寛保(かんぽう)年間(1741~44)に姓を豊美と改め分派独立したらしい。歌舞伎(かぶき)芝居にも出演したが、大坂・島之内(しまのうち)の遊里を中心に座敷浄瑠璃として流行したと思われる。後継者は育たず、繁太夫の流儀は一代を盛時として絶えたが、盲人の鶴山勾当(つるやまこうとう)は好んでこれを語り、宝暦(ほうれき)年間(1751~64)に江戸へ下って吉原に住み、上方歌を広めた。宝暦12年(1762)上梓(じょうし)の奥付のある『泉曲集』には、勾当自身の作曲になる『妹背(いもせ)の秋草』『濡扇(ぬれおうぎ)』が載せられている。とりわけ大坂では、歌木検校(けんぎょう)をはじめ盲人音楽家の間で繁太夫の浄瑠璃物が好んで取り上げられ、後には地歌(じうた)の演奏家たちによって新たな作曲も手がけられた。
 今日も地歌のなかに繁太夫物として吸収摂取され伝承されている。[林喜代弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の繁太夫節の言及

【浄瑠璃】より

…河東節,豊後三流,新内節を江戸浄瑠璃ともいう。豊後掾の門弟宮古路薗八が京で薗八節(宮薗節)を広め,この分派の春富士正伝が正伝節を上方の歌舞伎で語り,豊後掾の門弟宮古路繁太夫は繁太夫(しげたゆう)節を元文(1736‐41)ころから大坂の劇場や座敷で語った。河東節,新内節,薗八節などは酒席で多くうたわれたので肴(さかな)浄瑠璃,歌浄瑠璃といわれた。…

※「繁太夫節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

繁太夫節の関連キーワード宮古路豊後掾豊美繁太夫富崎 宗順上方浄瑠璃国太夫節遊里後節