コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富田八郎 とみた はちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田八郎 とみた-はちろう

1876-1947 明治-昭和時代前期の政治家。
明治9年10月4日生まれ。富田忠利の養子となり酒造業をつぐ。滋賀県酒造組合を設立し初代会長。伊香(いか)病院の設立,木之本実科高女の創立,木之本-海津(かいづ)間25kmの湖岸道路建設につくした。木之本町長をへて昭和3年衆議院議員(政友会)。昭和22年11月29日死去。72歳。滋賀県出身。旧姓松島

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

富田八郎の関連キーワード明治

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android