コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富田八郎 とみた はちろう

1件 の用語解説(富田八郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田八郎 とみた-はちろう

1876-1947 明治-昭和時代前期の政治家。
明治9年10月4日生まれ。富田忠利の養子となり酒造業をつぐ。滋賀県酒造組合を設立し初代会長。伊香(いか)病院の設立,木之本実科高女の創立,木之本-海津(かいづ)間25kmの湖岸道路建設につくした。木之本町長をへて昭和3年衆議院議員(政友会)。昭和22年11月29日死去。72歳。滋賀県出身。旧姓は松島。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

富田八郎の関連キーワード秋月の乱スラブ音楽リットン報告書アフリカ文学高野辰之一竜斎貞山2025年問題日野T11B+T25型トレーラーバスみずしま3輪 TM3A学校教育法

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone