コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富田兵部 とみた ひょうぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田兵部 とみた-ひょうぶ

?-1857 江戸時代後期の武士。
越中富山藩の江戸詰家老。藩主前田利声(としかた)の意をうけて,藩財政のたてなおしをはかり,また天領飛騨(ひだ)を富山藩領にくみいれることでの家格の上昇をめざし,老中阿部正弘(まさひろ)に接近した。その動きが宗藩の金沢藩や元藩主前田利保に知れ,利声は隠居,兵部も命令で帰藩の途中,安政4年4月23日割腹した。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

富田兵部の関連キーワードインドの大反乱ケクレ歌沢大和大掾シュラーギントワイト[兄弟]ガーディナーシュネーダースウェンソンストックブリッジ新渡戸まり子バルツェル

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android