富田満(読み)とみたみつる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「富田満」の解説

富田満
とみたみつる

[生]1883.11.5. 愛知
[没]1961.1.15. 東京
キリスト教の牧師。金城教会で信仰に入り,明治学院神学部に入学したが,アメリカ長老派教会の新設した神戸神学校に移り,1909年卒業。プリンストン大学に留学し,帰国後,神戸教会,徳島教会を経て,東京芝教会牧師となり 41年間つとめた。その間盟友賀川豊彦の国運動の推進役にもなったが,第2次世界大戦中は戦時国家統制機関としての日本基督教団総理に推された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「富田満」の解説

富田満 とみた-みつる

1883-1961 大正-昭和時代の牧師。
明治16年11月5日生まれ。大正7年アメリカのプリンストン神学校に留学。帰国後東京の芝教会牧師を41年間つとめる。昭和16年日本基督(キリスト)教団の初代統理となり,戦後,明治学院院長,東京神学大・金城学院の各理事長などを歴任した。昭和36年1月15日死去。77歳。愛知県出身。神戸中央神学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android