寒川 恒貞(読み)サンガワ ツネサダ

20世紀日本人名事典の解説

寒川 恒貞
サンガワ ツネサダ

明治〜昭和期の実業家



生年
明治8年6月26日(1875年)

没年
昭和20(1945)年1月30日

出生地
香川県

別名
幼名=安太郎

学歴〔年〕
京都帝大理工科大学電気工学科〔明治35年〕卒

経歴
大学院で蓄電池の研究を始めたが明治36年退学、水力開発の技術者として活躍。40年箱根―横浜間送電線に日本初の鉄塔を考案。43年四国水力電気の創立に加わり監査役兼顧問、大正2年名古屋電燈顧問、7年東海電極を設立して社長となった。昭和16年会長。9年には世界最大18インチ人造黒鉛電極を完成。電気製鋼所、日本アルミニウム設立にも参画した。大正14年電気功労者として逓信大臣から表彰された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

寒川 恒貞 (さむかわ つねさだ)

生年月日:1875年6月26日
明治時代-昭和時代の技術者;実業家
1945年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android