コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒川恒貞 さんがわ つねさだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寒川恒貞 さんがわ-つねさだ

1875-1945 明治-昭和時代前期の技術者,実業家。
明治8年6月26日生まれ。水力発電の開発を手がけ,明治40年箱根-横浜間の送電線に日本初の鉄塔を採用。43年四国水力電気の創立にくわわり,のち社長。大正7年東海電極製造を設立,社長となり,昭和9年世界最大の18インチ人造黒鉛電極を完成した。昭和20年1月30日死去。71歳。香川県出身。京都帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

寒川恒貞の関連キーワード東海カーボン技術者実業家

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android