寛仮(読み)カンカ

  • かんか クヮン‥
  • かんか〔クワン〕

大辞林 第三版の解説

スル
はゆるす意
寛大に扱ってとがめないこと。大目に見ること。 少しの弊害位は-して見てゐる/一隅より 晶子

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 人の罪や欠点などを寛大に扱ってとがめないこと。大目に見てゆるすこと。〔日誌必用御布令字引(1868)〕
※上木自由之論(1873)〈小幡篤次郎訳〉「生ずる所の弊害は之を寛仮するの他術なし」 〔史記‐孝武本紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android