コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛敏 かんびん

1件 の用語解説(寛敏の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寛敏 かんびん

?-1182 平安時代後期の僧。
藤原通憲(みちのり)の子。真言宗仁和(にんな)寺で出家。寛遍(かんぺん)にまなんで保元(ほうげん)3年(1158)京都広隆寺別当となる。法眼(ほうげん)。養和2年1月18日死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

寛敏の関連キーワード寿永伊東祐親恵信尼肝属川寿永養和安宅関新撰姓氏録安倍泰親伊東祐親

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

寛敏の関連情報