コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寛永御前試合 かんえいごぜんじあい

大辞林 第三版の解説

かんえいごぜんじあい【寛永御前試合】

講談の題名の一。寛永9年11月あるいは11年9月に将軍家光の御前で開かれたとする架空の試合を題材にしたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんえいごぜんじあい【寛永御前試合】

講談。武威盛んな寛永13年(1636)の端午節句に,3代将軍徳川家光が上覧の御前試合に諸国の著名な武芸者を登場させ,銘々伝に始まって,試合の様を語る。史実に基づくものではなく,荒木又右衛門,宮本伊織,由井正雪など,演者により登場人物,組合せは異なるが,名勝負あり珍勝負ありで人気が高く,江戸末期から盛んに演じられた。立川文庫に《豊公御前試合》,大阪の講談本に《享保御前試合》が収録されている。【吉沢 英明】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

寛永御前試合の関連キーワード朝比奈弥太郎(2)竹内加賀之助浅山一伝斎斎藤寅次郎井伊直人磯端伴蔵架空題材題名

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android