コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

講談本 コウダンボン

デジタル大辞泉の解説

こうだん‐ぼん〔カウダン‐〕【講談本】

講談の物語を本にまとめたもの。また、講談の口演を速記して本にしたもの。講釈本。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうだんぼん【講談本】

講談の刊行本をいう。すでに江戸時代にも講談の種(たね)本が〈実録本〉として貸本屋に持ちまわられていたが,明治期に入ると速記術ジャーナリズムの種々形態の発展にともない,明治中期以降,印刷された形での講談の発表が盛んになっていった。まず,2代松林伯円(しようりんはくえん)の世話講談《安政三組盃(みつぐみさかずき)》が1885年(明治18)に速記本となり,以後続々と講談本が刊行された。明治30年代には関西でも講談の速記本があらわれ,また,2代玉田玉秀斎(たまだぎよくしゆうさい)からポケット判講談本〈立川(たちかわ)文庫〉が生まれて,大正時代に広く親しまれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

講談本の関連キーワード雷電為右衛門悟道軒 円玉寛永御前試合子育て幽霊塩原多助牧野省三立川文庫霧隠才蔵時代劇文庫本赤本

講談本の関連情報