コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

由井正雪 ゆいしょうせつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

由井正雪
ゆいしょうせつ

[生]?
[没]慶安4(1651).7.26. 駿府
江戸時代初期の軍学者。慶安事件の首謀者。由比とも記す。駿河国由比 (駿府説もある) の農業兼紺屋に生まれ,幼少から学問,武芸を好んだ。江戸へ出て「太平記読み」となり,楠木正成に傾倒し,みずから楠木氏の子孫であると吹聴するようになった。神田連雀町あたりの裏店に住んで,旗本,藩士,浪人らに楠木流軍学を教えた。名声は日ごとに高まり,紀伊の徳川頼宣,備前の池田光政らに招じられたほどである。慶安4 (1651) 年丸橋忠弥らと浪人を集め幕府転覆をはかったが,露見して失敗,自刃した。この反乱は慶安事件,慶安の変とも呼ばれ,のちに『慶安太平記』など芝居の題材となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ゆい‐しょうせつ〔ゆゐシヤウセツ〕【由井正雪】

[1605~1651]江戸初期の兵法家。駿河の人。姓は由比とも。慶安の変の主謀者。江戸に楠木流軍学の教授所を開き、浪人を集めて倒幕をはかったが、事前に発覚し自殺。
塚原渋柿園歴史小説。明治30年(1897)9月から明治31年(1898)7月まで、東京日日新聞に連載。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

江戸・東京人物辞典の解説

由井正雪

1605〜1651(慶長10年〜慶安4年)【軍学者】神田に軍学塾「張孔堂」を開き、クーデターを画策。 浪人。軍学者。駿府出身と伝えられるが詳細は不明。楠木正成の子孫と自称し、神田に楠木流軍学塾「張孔堂」を開いた。幕閣批判と旗本救済を掲げ、浪人を集めて幕府転覆を計画。一味の丸橋忠也の逮捕により計画が事前に露見、駿府茶町に宿泊していた正雪は、幕府の捕手に囲まれて自刃した(慶安事件)。黙阿弥作『花菖蒲慶安実記』など歌舞伎や浄瑠璃の登場人物として広く知られるようになった。また、この事件は、直後将に4代将軍となった家綱が、武断政策を文治政策に転換する契機の一つになったとも言われる。

出典 財団法人まちみらい千代田江戸・東京人物辞典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

由井正雪

柴田錬三郎の歴史小説。1955年刊行。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

367日誕生日大事典の解説

由井正雪 (ゆいしょうせつ)

生年月日:1605年5月1日
江戸時代前期の楠流軍学者
1651年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

由井正雪の関連キーワード広沢 晴海(初代)碁太平記白石噺樟紀流花見幕張寛永御前試合柴田錬三郎生年月日承応事件熊沢蕃山由比正雪元和偃武緒形 拳徳川家綱松平信綱末期養子松平定政正雪記

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

由井正雪の関連情報