寡占価格(読み)かせんかかく(英語表記)oligopoly price; oligopolistic price

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寡占価格
かせんかかく
oligopoly price; oligopolistic price

市場が寡占状態にある場合に成立する価格。一般に利潤極大を目指す企業は,限界収入と限界費用の等しい点で価格を決定する (限界原理) とみられてきたが,いわゆるオックスフォード経済調査 (1936) 以来,現実の企業は平均可変費用 (労賃,原材料費など) に固定費用 (減価償却費,本社経費など) と利潤のための一定比率 (マーク・アップ率という) を乗じて価格決定を行う (→フルコスト原理 ) ことが明らかとなった。しかし寡占企業は,価格を引下げれば競争者もそれに追随するので必ずしもシェア増大に結びつかず,逆に引上げれば競争者が据置くのでシェア減少を招くとみる。この結果,寡占価格は概して硬直的で,特に下方硬直性が強まる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かせんかかく【寡占価格】

少数の大企業が市場を支配している寡占産業で成立している価格。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android