コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

審級制 しんきゅうせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

審級制
しんきゅうせい

裁判所間に上下の階級を設け,下級審の裁判に不服な訴訟当事者が上級審不服申立てをした場合に,上級審は理由があると認めるときは,下級審の裁判を取消しまたは変更する裁判ができるという制度。したがってここに上下の階級とはいっても,行政機関の場合と違って,下位の裁判所が上位の裁判所の一般的な指揮監督下に立つことを意味するものではない。日本では裁判所に4階級の区別があり,原則として三審制度が採用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

審級制の関連キーワードフィリップ(2世)(フランス王)教会裁判所事実問題法律審官僚制プレボ終審審級

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android