三審制度(読み)さんしんせいど(英語表記)Dreiinstanzensystem

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三審制度
さんしんせいど
Dreiinstanzensystem

訴訟制度上,第1審判決に対して控訴 (→第2審 ) と上告 (→第3審 ) の2度の不服申立てを認める制度。日本では原則として三審制度を採用しているが,例外的に二審制をとることもあり (たとえば,特許庁抗告審判に対する訴訟内乱罪に関する訴訟) ,特別上告特別抗告なども認められているので,このたてまえは絶対的なものではない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

三審制度【さんしんせいど】

裁判において第一審,第二審,第三審の三つの審級を認める制度。正しい裁判のために,ある事件は国家の裁判所で3回まで審理される。第二審・第三審は,判決手続では控訴審・上告審と呼ばれ,決定手続では抗告審・再抗告審と呼ばれる。しかし,特別上告特別抗告なども認められているので,このたてまえも厳格ではない。他方,1996年制定の新民事訴訟法により,民事事件の上告はある程度制限されるようになった。→最高裁判所
→関連項目上訴

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

さんしんせいど【三審制度】

裁判所に上下の段階を設け、同一事件について三回の審理・裁判の機会を訴訟当事者に与える制度。 → 審級

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さんしん‐せいど【三審制度】

〘名〙 同一の事件について審級の異なる裁判所で三度くりかえして審理を受けることを認める制度。最初の裁判所での手続を第一審、上訴によって開始される裁判所での手続を第二審・控訴審、さらにその上の裁判所での手続きを第三審・上告審という。三審制。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android