コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三審制度 さんしんせいどDreiinstanzensystem

4件 の用語解説(三審制度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三審制度
さんしんせいど
Dreiinstanzensystem

訴訟制度上,第1審の判決に対して控訴 (→第2審 ) と上告 (→第3審 ) の2度の不服申立てを認める制度。日本では原則として三審制度を採用しているが,例外的に二審制をとることもあり (たとえば,特許庁の抗告審判に対する訴訟,内乱罪に関する訴訟) ,特別上告特別抗告なども認められているので,このたてまえは絶対的なものではない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

三審制度【さんしんせいど】

裁判において第一審,第二審,第三審の三つの審級を認める制度。正しい裁判のために,ある事件は国家の裁判所で3回まで審理される。第二審・第三審は,判決手続では控訴審・上告審と呼ばれ,決定手続では抗告審・再抗告審と呼ばれる
→関連項目上訴

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三審制度の関連情報