コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寸南破良意 すなはらい

世界大百科事典 第2版の解説

すなはらい【寸南破良意】

洒落本。南鐐堂一片作。1775年(安永4)刊。1冊。1773年に形成された江戸の菎蒻(こんにやく)島(霊岸島)の新岡場所に取材した作。年季者,一座,新ござ,伴頭株,職人,息子株,きおい,手代,髪結の9章に分け,遊客の特性を会話で描き分ける。新しい岡場所の特殊な習俗も,細かいうがちでよくとらえられている。洒落本がさまざまの人間の類型をとらえてゆく過程を示す作品として注目される。【水野 稔】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

寸南破良意の関連キーワード引く・曳く・退く・牽く・惹く防ぎ・禦ぎ・拒ぎぼっとり上総木綿宵立ち真ん陸底至りふける真陸

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android