コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霊岸島 れいがんじま

7件 の用語解説(霊岸島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

霊岸島
れいがんじま

東京都中央区東部,隅田川河口右岸の旧町名。現在の新川1,2丁目にあたる。江戸時代初期には北の箱崎島 (現日本橋箱崎町) とともに江戸中島と呼ばれたが,新川の開削により分離。地名は寛永1 (1624) 年霊巌雄誉上人がこの地に創建した霊巌寺に由来 (寺は明暦の大火後,深川に移転) し,霊巌島とも書いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

れいがん‐じま【霊岸島】

東京都の隅田川河口の西岸の旧地名。現在の中央区新川にあたる。江戸初期に霊巌(れいがん)寺が建立され、門前町として発展。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

霊岸島【れいがんじま】

東京都中央区東部,隅田川河口右岸地区。現在の新川1〜2丁目。霊岸島は,江戸初期には北の箱崎島(現,日本橋箱崎町)とともに江戸中島と呼ばれたが,のち新川によって分離。
→関連項目中央[区]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

れいがんじま【霊岸島】

東京都中央区新川の旧名。日本橋川下流の新堀と亀島川にはさまれた島で,はじめ江戸の中島と呼ばれたが,1624年(寛永1)に霊巌雄誉が霊巌寺を建立したところから名がついた。明暦の大火後に寺が深川に移転したのち町屋が増加した。のち河村瑞賢が日本橋川に並行して中央に運河(新川)を掘削した。以後この付近は,永代橋まで畿内からの廻船が入りこむため江戸の港として栄えた。下り物の問屋として,霊岸島町には瀬戸物問屋が多く,また銀(しろがね)町や四日市町には酒問屋が多かった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

れいがんじま【霊岸島】

隅田川河口右岸の地。現在の東京都中央区新川の旧名。江戸時代、酒問屋などが軒を並べた。江戸初期、霊巌寺が建立されたところからの名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔旧地名〕霊岸島(れいがんじま)


東京都中央区の隅田(すみだ)川河口右岸の旧地名。
現在の中央区新川地区の一部。江戸初期、隅田川河口にあった島で江戸中島とよばれていたが、1624年(寛永(かんえい)元年)に霊岸寺(霊巌寺)が建立(こんりゅう)されて以来の名称。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

霊岸島
れいがんじま

東京都中央区東端、現在の新川1、2丁目にあたる地区。霊巌島とも書く。以前は越前堀(えちぜんぼり)、霊岸島、新川に分かれていた。大川(隅田(すみだ)川)の中州(川中島)で、初め箱崎と連結し、江戸中島とよばれていたが、「寛永(かんえい)図」には州を新堀川(新川)で中断して、箱崎と分離し、霊岸島としてある。『江戸名所図会』に八丁堀北東の一州に霊巌寺があってその名に由来したとある。霊岸寺町はその門前町として発展した所で、霊巌寺は明暦(めいれき)の大火(1657)後、1659年(万治2)深川へ移ったが、跡地に町家が発達した。新堀川と八丁堀川を隔てて北東は箱崎、北西は茅場(かやば)町、南西は八丁堀、東は隅田川に対していた。越前堀には御船手組屋敷、南端には船見番所が置かれ、霊岸島町には船大工が多く居住していた。旧新川町は河岸に酒問屋が集中し繁栄した。現在も永代(えいたい)橋を隔てて深川、江東(こうとう)、房総へ通じる水陸交通の要地で、倉庫などが集中している所となっている。霊岸島の名称は、わずかに霊岸橋にその名をしのぶほかはない。[菊池万雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

霊岸島の関連キーワード東京都中央区新川東京都中央区新富東京都中央区日本橋東京都中央区日本橋蛎殻町東京都中央区日本橋茅場町東京都中央区日本橋中洲東京都中央区日本橋浜町東京都中央区日本橋本町東京都中央区日本橋室町東京都中央区東日本橋

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone