寺島ノブヘ(読み)てらじま ノブエ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺島ノブヘ てらじま-ノブエ

1867-1918 明治-大正時代の社会事業家。
慶応3年4月12日生まれ。愛媛県宇和島でキリスト教メソジスト派の洗礼をうける。同志社の京都看病婦学校を卒業後,神戸に友愛派出看護婦会を設立し会長となる。明治32年友愛養老院(現神戸老人ホーム)をひらいた。大正7年5月19日死去。52歳。伊予(いよ)(愛媛県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android