コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺島珠雄 てらしま たまお

1件 の用語解説(寺島珠雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺島珠雄 てらしま-たまお

1925-1999 昭和後期-平成時代の詩人。
大正14年8月5日生まれ。少年時より辻潤に傾倒。放浪生活をおくりながら種々の職業を体験し,昭和40年ごろから大阪にすみ,労務者生活をおくる。45年自伝的エッセイ「どぶねずみの歌」,52年「私の大阪地図」を発表。詩集に「酒食年表」,著作に「南天堂―松岡虎王麿の大正・昭和」など。平成11年7月22日死去。73歳。東京出身。本名は大木一治。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

寺島珠雄の関連キーワード創造性ホンダ ジョルノクレア学校給食公庫交通事故自立活動スペイン映画南西諸島文学賞メカトロニクス

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone