寺島珠雄(読み)てらしま たまお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺島珠雄 てらしま-たまお

1925-1999 昭和後期-平成時代の詩人。
大正14年8月5日生まれ。少年時より辻潤傾倒。放浪生活をおくりながら種々の職業を体験し,昭和40年ごろから大阪にすみ,労務者生活をおくる。45年自伝的エッセイ「どぶねずみの歌」,52年「私の大阪地図」を発表。詩集に「酒食年表」,著作に「南天堂―松岡虎王麿の大正・昭和」など。平成11年7月22日死去。73歳。東京出身。本名は大木一治。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android