コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺田屋登勢 てらだや とせ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寺田屋登勢 てらだや-とせ

1830-1877 幕末の女将(おかみ)。
天保(てんぽう)元年生まれ。18歳で京都伏見の船宿寺田屋の6代伊助と結婚。文久2年寺田屋事件や慶応2年坂本竜馬(りょうま)襲撃事件に遭遇する。尊攘(そんじょう)派の武士を援助し,竜馬と結婚する前の竜(りょう)を養女とした。明治10年9月7日死去。48歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

寺田屋登勢の関連キーワード幕末女将天保

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android