コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対外共通関税(読み)たいがいきょうつうかんぜい(英語表記)common external tariff; CET

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

対外共通関税
たいがいきょうつうかんぜい
common external tariff; CET

ECの関税同盟の中心で,1968年に完成した。原加盟6ヵ国の 57年1月1日時点の関税率を平均して対外共通税率とした。その後新規加盟国との間でも実現している。税率はガットの多角的貿易交渉で引下げられてきたため,実際の関税率はその平均よりも下がっている。 ECの関税同盟はこのほか域内関税と数量制限を設けていたが,域内関税は 68年7月の 10回目の引下げでゼロとなり,数量制限についても工業製品については 62年に全廃されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android