コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対外共通関税 たいがいきょうつうかんぜい common external tariff; CET

1件 の用語解説(対外共通関税の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

対外共通関税
たいがいきょうつうかんぜい
common external tariff; CET

ECの関税同盟の中心で,1968年に完成した。原加盟6ヵ国の 57年1月1日時点の関税率を平均して対外共通税率とした。その後新規加盟国との間でも実現している。税率はガットの多角的貿易交渉で引下げられてきたため,実際の関税率はその平均よりも下がっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

対外共通関税の関連キーワードEEC関税同盟SACU禁止関税ビリーバッドドイツ関税同盟ベネルクス経済同盟欧州統合とオランダ中部アフリカ経済・関税同盟ベネルクス関税同盟

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone