対機説法(読み)たいきせっぽう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「対機説法」の解説

対機説法
たいきせっぽう

仏陀が教えを説示する場合,その相手の精神的能力 (→機根 ) や性質などに応じてそれにふさわしい手段で説法することをいう。比喩的な表現として「応病与薬」というのと同じ意味である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「対機説法」の解説

たいき‐せっぽう〔‐セツポフ〕【対機説法】

相手の素質・能力に従って法を説くこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「対機説法」の解説

たいき‐せっぽう ‥セッポフ【対機説法】

〘名〙 仏語。教えを相手の資質に相応して理解のゆくように説き聞かせること。主として仏の説法にいう。〔観経疏‐玄義分〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

かにの日

6月22日。JRI株式会社かに道楽が制定。同社が経営するカニ料理店「かに道楽」でキャンペーンを実施する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android