コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対機説法 たいきせっぽう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

対機説法
たいきせっぽう

仏陀が教えを説示する場合,その相手の精神的能力 (→機根 ) や性質などに応じてそれにふさわしい手段で説することをいう。比喩的な表現として「応病与薬」というのと同じ意味である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たいき‐せっぽう〔‐セツポフ〕【対機説法】

相手の素質・能力に従って法を説くこと。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たいきせっぽう【対機説法】

〘仏〙 相手の宗教的能力に応じてわかるように法を説くこと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

対機説法の関連キーワード仏教仏典仏陀

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

対機説法の関連情報