コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対称座標法 たいしょうざひょうほうmethod of symmetrical coordinates

1件 の用語解説(対称座標法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

対称座標法
たいしょうざひょうほう
method of symmetrical coordinates

大きさが等しく,位相が 120°ずつずれている正弦波三相交流電圧・電流を対称であるといい,非対称な三相電圧・電流を対称な成分に分解する方法が,対称座標法である。通常,同一の大きさ,位相 (したがって単相) をもつ零相分,原電圧・電流と同じ位相順をもつ対称三相の正相分,逆の位相順をもつ対称三相の逆相分の3成分に分解される。同様な方法は,一般に非対称 n相交流にも適用できる。対称分に分解しておくと,回路中の電圧,電流,電力などの計算上便利なことが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

対称座標法の関連キーワード血圧バナー広告カタン糸水滸伝総会屋ブローニーフィルム東ティモール内戦オーストラリア派兵120年ぶりの天覧劇歌舞伎の動向

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone