コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対称座標法 たいしょうざひょうほうmethod of symmetrical coordinates

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

対称座標法
たいしょうざひょうほう
method of symmetrical coordinates

大きさが等しく,位相が 120°ずつずれている正弦波三相交流電圧・電流を対称であるといい,非対称な三相電圧・電流を対称な成分に分解する方法が,対称座標法である。通常,同一の大きさ,位相 (したがって単相) をもつ零相分,原電圧・電流と同じ位相順をもつ対称三相の正相分,逆の位相順をもつ対称三相の逆相分の3成分に分解される。同様な方法は,一般に非対称 n相交流にも適用できる。対称分に分解しておくと,回路中の電圧,電流,電力などの計算上便利なことが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

対称座標法の関連キーワード別宮 貞俊

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android