コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

対都市戦略 たいとしせんりゃくcounter-city strategy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

対都市戦略
たいとしせんりゃく
counter-city strategy

相手国の戦力の中核をなす都市の破壊を目標とする報復による核抑止戦略。敵の残存攻撃能力を破壊できるような核報復の保有を前提とする「対兵力戦略」と対比され,論争が繰返されている。対兵力攻撃によって,相手の報復力を撃滅することは理想であるが,戦略兵力の非脆弱化によって,その効果は減少した。そこで対都市戦略による報復の潜在力による抑止に徹すれば,相手の都市数に応じる一定数の非脆弱なミサイルさえあればよいという考え方で,最小抑止ないし有限抑止に連なる戦略である。 1950年代末にニュールック戦略からネオニュールック戦略と改められた戦略も,攻撃目標を都市と工業地帯に限定したことから対都市戦略の一つといえる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の対都市戦略の言及

【核戦略】より

… この戦略において,マクナマラは核戦力については,敵の先制攻撃を受けても生き残れる非脆弱な核報復力を重視した。マクナマラは当初,敵の核戦力を攻撃する対兵力戦略counter‐force strategyを重視していたが,ソ連の核戦力の非脆弱化にともなって都市・工業地帯を攻撃する対都市戦略counter‐city strategy(対価値戦略counter‐value strategy)を重視する方向に転じ,敵の核戦力を攻撃しアメリカの損害を限定するとともに,敵の奇襲攻撃を受けても生き残った核戦力で反撃して〈敵に受け入れられないほどの損害を与える能力〉を持つ必要があると考えた。これは〈確証破壊戦略assured destruction strategy〉といわれ,60年代以降の核戦略の基礎となった。…

※「対都市戦略」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

対都市戦略の関連キーワード有限抑止戦略損害限定戦略核戦略

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android