コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寿長 じゅちょう

朝日日本歴史人物事典の解説

寿長

没年:寛平8(896)
生年:生年不詳
平安前期の真言宗の僧。高野山金剛峰寺初代座主。幼少期に高野山に登ったというが,出生関係の詳細は不明。空海没後,荒廃していた高野山復興の立役者のひとりだった真然に師事して密教灌頂を授かり,のち真然が東寺長者となるにおよび,寿長は高野山を掌握する。寛平1(889)年3月,金剛峰寺の初代座主職に就き復興に尽くしたが,その後を継いだ無空の離山後,高野山は再び1世紀にわたる暗黒期に陥った。

(正木晃)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寿長の関連情報