コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寿長 じゅちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寿長 じゅちょう

?-896 平安時代前期の僧。
真言宗。高野山真然(しんぜん)にまなぶ。元慶(がんぎょう)8年真然が東寺長者となったため山務を代行。仁和(にんな)5年(889)師の上奏により高野山の初代座主(ざす)となった。寛平(かんぴょう)8年死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

寿長

没年:寛平8(896)
生年:生年不詳
平安前期の真言宗の僧。高野山金剛峰寺初代座主。幼少期に高野山に登ったというが,出生関係の詳細は不明。空海没後,荒廃していた高野山復興の立役者のひとりだった真然に師事して密教灌頂を授かり,のち真然が東寺長者となるにおよび,寿長は高野山を掌握する。寛平1(889)年3月,金剛峰寺の初代座主職に就き復興に尽くしたが,その後を継いだ無空の離山後,高野山は再び1世紀にわたる暗黒期に陥った。

(正木晃)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

寿長の関連キーワード島津日新斎金剛峯寺薩摩琵琶海東歌謡岡崎如毛淵脇了公金天沢琵琶真雄時調

寿長の関連情報