コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

専用実施権 せんようじっしけんexclusive license

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

専用実施権
せんようじっしけん
exclusive license

特許権者によって与えられる準物権的性格の独占的な実施権で,特許原簿への登録によって発生し,特許権者自身を含めてすべての第三者の実施を禁止することができる。実用新案意匠商標についても同様の制度があるが,商標については専用使用権という。独占的な実施権であっても,登録されないかぎり契約上の債権的な実施権であり,これを独占的通常実施権という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せんよう‐じっしけん【専用実施権】

設定行為で定められた範囲内で特許発明・登録実用新案・登録意匠などを業として独占的に実施する権利

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

産学連携キーワード辞典の解説

専用実施権

「専用実施権」とは、対象となる特許発明を独占的に実施することができる権利。通常実施権と異なり、実施権の範囲内の技術に関しては特許権者も実施することができない他、特許侵害者に対して侵害行為の差し止めを請求できるなど、特許権者と同様の権利を供給する。また、「専用実施権」は契約締結後、特許庁における登録を行って初めてその効力を発揮する。

出典 (株)アヴィス産学連携キーワード辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

せんようじっしけん【専用実施権】

他人の特許発明・登録実用新案・登録意匠を、設定行為で定められた範囲内で業として独占的に実施する権利。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の専用実施権の言及

【特許】より

… 特許は財産権の一種であり,譲渡できることはもちろんであるが,他人に実施の許諾をすることもできる。これに関し特許法には通常実施権と専用実施権の2種類の実施権が規定されている。通常実施権は債権的な実施権であり,通常実施権者には第三者に対する差止請求権や損害賠償請求権がない。…

※「専用実施権」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

専用実施権の関連キーワードライセンス(実施権)非独占的通常実施権特許実施許諾契約損害賠償請求権ライセンス契約特許法第35条共同発明者差止請求権意匠登録職務発明他人

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android