尊実法親王(読み)そんじつほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尊実法親王 そんじつほうしんのう

1314-? 鎌倉時代,後伏見天皇の第5皇子。
正和(しょうわ)3年生まれ。母は対御方(たいのおんかた)。嘉暦(かりゃく)2年妙香院にはいる。のち青蓮院(しょうれんいん)の尊円入道親王の弟子となり,灌頂(かんじょう)をうける。法名ははじめ慈真。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android