コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尊円入道親王 そんえんにゅうどうしんのう

2件 の用語解説(尊円入道親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尊円入道親王 そんえんにゅうどうしんのう

1298-1356 鎌倉-南北朝時代,伏見天皇の皇子。
永仁(えいにん)6年8月1日生まれ。延慶(えんきょう)3年親王となり,応長元年出家し,青蓮院(しょうれんいん)門跡(もんぜき)となる。4度天台座主(ざす)をつとめた。和歌のほか書をよくし,青蓮院流(御家流)をひらいた。延文元=正平(しょうへい)11年9月23日死去。59歳。俗名は守彦,尊彦。通称は大乗院宮。編著に「入木(じゅぼく)抄」「門葉記」など。
【格言など】一切の事,其(その)理二は候わず。そのさとりひとつにて候(「入木抄」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

尊円入道親王

没年:延文1/正平11.9.23(1356.10.17)
生年:永仁6.8.1(1298.9.7)
南北朝時代の能書の僧侶。伏見天皇の第6皇子。母は三善俊衡の娘播磨内侍。名は尊彦。延慶1(1308)年に青蓮院に入り,3年親王宣下を受けた。翌年6月,大成院において薙髪して尊円と改名。同年8月には青蓮院門跡となった。以後,門跡に3度補されるほか,元弘1(1331)年に天台座主になって以来,4度その任についた。さらに,延文1/正平11(1356)年には四天王寺別当も歴任した。歴代天皇屈指の能書帝伏見天皇を父に,また後伏見・花園天皇を兄に持つという能書の血流を受けた親王は,天賦の才に加えて,世尊寺行房・行尹兄弟から書法を学び,さらに小野道風藤原行成など上代様の書に範を求めて,古典に立脚した流麗で量感あふれる独自の書風を形成した。その書は青蓮院の歴代門跡をはじめ,多くの人々に尊重,追随され,尊円流,粟田口流,青蓮院流呼ばれる大きな書流となった。江戸時代には御家流と名を変えてさらに流行した。『入木抄』は,尊円が後光厳天皇手習いのために選進したものであるが,尊円の書道観を集大成したものとして貴重である。代表作は,建武2(1335)年の大覚寺夏安居(一定期間,室内にこもって行う修行)に際し衆僧の連名を執筆した「大覚寺結夏衆僧名単」(宮内庁保管)。『門葉記』(130巻),『釈家官班記』の編纂など,天台僧としての業績も注目される。<著作>『入木口伝抄』『入木抄』<参考文献>小松茂美『日本書流全史』

(島谷弘幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

尊円入道親王の関連キーワード永仁貞和顕円顕親門院三条局(4)章義門院新室町院尊真対御方藤原経子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone