尊旨(読み)そんし

精選版 日本国語大辞典 「尊旨」の意味・読み・例文・類語

そん‐し【尊旨】

  1. 〘 名詞 〙 他人を敬って、その意志意見をいう語。おぼしめし。御意尊意
    1. [初出の実例]「謹奉尊旨。惴惴于心。石清水臨時祭舞人已有其闕」(出典:明衡往来(11C中か)上本)
    2. 「尊旨(ソンシ)の趣をもて諭達に及びたるにより彼輩何れも奉命して姑く鎮静の姿を做す」(出典:近世紀聞(1875‐81)〈染崎延房〉四)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android