御意(読み)ぎょい

精選版 日本国語大辞典「御意」の解説

ぎょ‐い【御意】

〘名〙
① 相手を敬ってその考えや気持をいう語。お考え。おぼしめし。みこころ。
※金刀比羅本保元(1220頃か)中「左大臣殿院方に伺候の間、(ギョイ)の通ずること、世に隠れなし」
※滑稽本・和合人(1823‐44)四「ホイ、又御意を揖った」
主君や貴人などの仰せ。おさしず。ご命令。おことば。
太平記(14C後)五「此二つの間、何れも叶ふまじきとの御意にてはば」
※浮世草子・世間娘容気(1717)四「有がたき殿の御意(ギョヰ)を申聞せ」
③ (「御意のとおり」の意から) 目上の人の意見や質問などにたいして、同意を示したり肯定したりするのに用いる。転じて、感動詞的にも用いる。ごもっとも。そのとおり。
咄本・無事志有意(1798)年の市「『証拠はあるか』『御意(ギョイ)でござります』」
[補注]会話で多く用いられているが、「得御意」「被御意」などのかたちで往来物にも多く見え、①や②の意味での書簡用語でもあった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「御意」の解説

ぎょ‐い【御意】

貴人や目上の人などを敬って、その考え・意向をいう語。お心。おぼしめし。「御意にかなう」
《「御意のとおり」の意から》目上の人に対して、同意・肯定を示す返事の言葉。ごもっとも。おっしゃるとおり。「御意にござります」
[類語]考え貴慮尊慮賢慮貴意尊意おぼし召し

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android