尋盟(読み)じんめい

精選版 日本国語大辞典「尋盟」の解説

じん‐めい【尋盟】

〘名〙 (「尋」は「」に通じ、あたためるの意) 古いちかいを思いかえして確かめること。
※清原宣賢式目抄(1534)一六条「往代の由緒を求るは、一たひひえたる物を又あたたむるか如し、これをたつぬと云、尋盟と云も是也」 〔春秋左伝‐昭公元年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「尋盟」の解説

【尋盟】じんめい

旧盟を確認する。〔左伝、哀十二年〕皋(たくかう)に會す。子、大宰(ひ)をして、(あたた)めんことをふ。、欲せず。子貢をして對へしむ。~(も)しむべくん、亦た(ひや)すべきなりと。

字通「尋」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android