コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小一薬草 コイチヤクソウ

デジタル大辞泉の解説

こ‐いちやくそう〔‐イチヤクサウ〕【小一薬草】

イチヤクソウ科の多年草。本州中部以北の高山帯の針葉樹林下に自生。高さ約10センチ。葉は卵形。夏、釣鐘状の緑白色の花を総状につける。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

小一薬草 (コイチヤクソウ)

学名:Orthilia secunda
植物。イチヤクソウ科の常緑多年草,高山植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android