コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小久保藩 こくぼはん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小久保藩
こくぼはん

上総(かずさ)国天羽(あまは)郡小久保村(千葉県富津(ふっつ)市)に陣屋を置いた譜代(ふだい)藩。遠江(とおとうみ)国(静岡県)相良(さがら)1万石の藩主田沼意尊(おきたか)は、1868年(慶応4)に徳川家達(いえさと)の駿府(すんぷ)70万石の入封に伴い、領地を上総国周准(すず)・天羽両郡の内に移され、小久保村に陣屋を設けた。しかしわずか4年で1871年(明治4)に廃藩、藩領は小久保県となり、木更津(きさらづ)県を経て千葉県に編入された。[川名 登]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

小久保藩の関連キーワード相良藩〈遠江国〉田沼意斉川名

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android