コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相良藩 さがらはん

1件 の用語解説(相良藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相良藩
さがらはん

江戸時代,遠江国 (静岡県) 榛原郡相良地方を領有した藩。本多氏の1万 5000石に始り,板倉氏1万 5000~2万石,本多氏1万石を経て明和4 (1767) 年田沼意次が2万石で入封。意次の代に加封が相次ぎ5万 7000石まで上がったが,意明は天明7 (87) 年陸奥国に移封され,のち文政6 (1823) 年意正の代に1万石で復封し,明治1 (68) 年に意尊 (おきたか) が上総 (千葉県) 小久保 (→小久保藩 ) へ転出して廃藩置県にいたる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の相良藩の言及

【相良[町]】より

…しかし,近世に入って新町,次いで市場町,前浜町,そして福岡町と順次町並みができた。1710年(宝永7)本多忠晴の入封により相良藩が成立し,とくに58年(宝暦8)に田沼意次が入封して大いに発展した。明和年間(1764‐72)には築城が許され,城下の町並みが整備された。…

【遠江国】より

…また19年(元和5)に近藤秀用が1万石で入封して一時井伊谷(いいのや)藩が成立するが,一族5人に分知し,旗本五近藤となり,2年後には廃藩となった。さらに1710年(宝永7)には本多忠晴が1万5000石で入封して相良藩が成立,同藩は58年(宝暦8)に田沼意次が入封して大いに発展するが,その失脚とともに一時廃藩,その後再度田沼氏が入って幕末に至った。遠江の諸藩には徳川家門や譜代大名が主として任ぜられ,また幕閣に連なるものが多数でるなど,移動が激しかった。…

※「相良藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

相良藩の関連キーワード相良氏静岡県榛原郡川根本町犬間静岡県榛原郡吉田町大幡静岡県榛原郡吉田町片岡静岡県榛原郡吉田町川尻静岡県榛原郡吉田町神戸静岡県榛原郡川根本町下泉静岡県榛原郡吉田町住吉静岡県榛原郡川根本町千頭静岡県榛原郡川根本町水川

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

相良藩の関連情報