コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小代氏 しょうだいうじ

1件 の用語解説(小代氏の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しょうだいうじ【小代氏】

武蔵国小代(勝代)郷(現,埼玉県東松山市)を本領とする中世の武家。伝えられる系図によれば武蔵七党児玉党の流れをくむ遠弘が小代氏の祖である。遠弘の子行平は源頼朝に仕えて,本領のほか越後国中河保,安芸国見布乃荘等の地頭職を与えられ,鎌倉御家人小代氏の基礎を築いた。1247年(宝治1)重俊のとき,宝治合戦の勲功賞として肥後国野原荘の地頭職を与えられたが,71年(文永8)幕府の指令により,モンゴル来襲に対する防備と領内の悪党鎮圧のため,重俊の子息等は肥後に下ってそのまま土着した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の小代氏の言及

【野原荘】より

…当初代官による支配を行い,62年(弘長2)には地頭方の西郷と領家方の東郷に中分され,文永の役を機に重俊の子息らが西郷に入部し,荘内の村ごとに分割知行した。南北朝期には小代氏はおおむね北朝方につき,東郷を領した菊池氏に対抗したが,内乱末期には南朝方の衰退によって事実上野原荘全体を掌握し,1383年(弘和3∥永徳3)に重政は足利義満から荘地頭職を安堵された。荘名はその後も残ったものの,当時すでに荘園領主支配は事実上崩壊していた。…

※「小代氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小代氏の関連キーワード東松山市松山市丸木位里東松山いちごの里よしみこども動物自然公園発智庄平敷島盛伊田テクノス大沢運送

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone